すくすく。
MMOとか何かいろいろ。
つな。
プロフィール

にゃー。

Author:にゃー。
ラテールしてたり

ぱにゃにいたりもします

著作権表記
Copyright(C) 2006 GCREST, Inc. All Rights Reserved.
(C)Copyright 2006 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
Ntreev and Trickster are registered Trademarks.

©2004 Ntreev Soft Co.,Ltd. All Rights Reserved. Exclusive License ©2004 HanbitSoft, Inc., All rights reserved. ©2004 Gamepot Inc., All rights reserved.

©2006 by ESTsoft Corp. All rights reserved. ©2006 Gamepot Inc., All rights reserved.

©2006 Actoz Soft, All right reserved.
©2006 Gamepot Inc, All right reserved.

Published by NHN Japan Corporation
Developed by ponsbic
(C)2007 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
RSSフィード

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.07.23_03:27
いち

このこは実家の猫のうちの1匹 名前を イチ といいます
先日21日の午前中天に召されました
母からメールもらったのが10時半ぐらいだったのでその少し前ぐらいかな
18日に会ったときもかなり痩せてしまっていて
16日ぐらいから急に痩せ始めたようです

普段は
臆病なこで
迂闊に目の前に手を出すと爪をたてられたり
でも甘えたがりでもあったので
慣れるまでじっとしたりしながらかまっていました
ツンデレみたいだねw

10年ちょっと狩ってたことになるかな
このこの両親はまだ健在です
兄弟は最初5匹いたけど2匹は早々に亡くなって
残った3匹のうちの1匹がこのイチ
他の2匹はまだ健在です

上の写真を撮ったのは7月2日
このときは全然元気だったんだけどな
18日に会ったときには近付いても怒らないし
手を出しても爪も立てないし
随分弱ってて 
そろそろ…?なんて話してました

母からのメールの後実家に行き
イチの亡骸に会いました
生まれてからずーっと猫と暮らしてきたのに
飼い猫の死を見たのはこれが初めてだったと思います
ほとんどのこは外に遊びに行くこだったから
このこは外に行くのは嫌がったのでずっと家猫でした

お線香はないので丁度前々日に買ったお香を焚いて
撫でてからお別れしました
何だか寂しくなりますね

猫はまだまだいっぱいいるのですが
イチはもういないんだなぁって
不思議な感じです

悲しいこと ってタイトルにしたけど
勿論悲しいことなんだけど
それだけじゃないんですよね

イチは幸せだったかな
そうだといいな


イチの眠りが穏やかであるように

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。